リュウと春麗の萌え日記   (そま)

リュウと春麗の萌え日記

ダンとさくらの萌え日記

ゼネスト・終了後より~

 

さくら「春麗さん!!」

 

春麗 「さくらちゃん?」

 

さくら「あの、ゼネスト見ました!!」

 

春麗 「今回はあなたと共演できなかったのが残念だったわ」

 

さくら「そうなんです・・・で、これなんですけど(HOTパッケージ)」

 

春麗 「なあに」

 

さくら「春麗さんとリュウさんって、やっぱり、そういう関係なんですか!!??」

 

春麗 「さくらちゃん・・・」

 

さくら「はっきり言ってください!!」

 

ダン 「往生際が悪いぞ、さくら!」

 

さくら「だって~~~~~~~」

 

ダン 「リュウのことはあきらめろ」

 

さくら「リュウさんはあたしの心の師匠なんです。そこんとこ、知っておきたいんです」

 

ダン 「これ、公式だぜ? 誰が見てもそ~ゆ~関係って分かるだろ?」

 

さくら「そうなんですか!!??春麗さん!!!」

 

春麗 「//////////////(ポッ)」

 

さくら「・・・(ガーン)」

 

ダン 「そ~ゆ~こった。リュウはベガを倒したんだから、自然な成り行きだろ~が」

 

ダン 「心の師匠は卒業だ。これからは俺がおまえの体の師匠だ。俺の言うことを聞け!!」

 

さくら「体の師匠だなんて、頼んでないですし!!!」

 

ダン 「俺が直々に言ってやってるんだ。ありがたく思え」

 

さくら「ありがたくないです!!」

 

ダン 「俺はリュウみたいにおまえをほったらかしにはせん!」

 

さくら「リュウさんは!!あたしのあこがれなんです!!」

 

ダン 「あこがれはあこがれで終わるもんだ。俺だけを見ていろ」

 

さくら「そんな・・・(キュン!)」

 

ダン 「おまえは俺の女になれ」

 

さくら「!!!(キュ~~ン!)」

 

春麗 「いいなあ・・・」

 

さくら「へっ!?」

 

春麗 「わたしもそんな風に言われたい」

 

さくら「・・・!!??」

 

春麗 「わたしも『おまえは俺の女になれ』って、人前で言われたい」

 

さくら「春麗さん・・・???」

 

春麗 「強引に言われると女は弱いもの」

 

さくら「で、でも火引さんですよ!!??」

 

春麗 「さくらちゃん、火引さんにものすごく愛されてる」

 

さくら「はっ!?」

 

春麗 「さくらちゃん、かわいいから」

 

さくら「/////////////」

 

春麗 「火引さんだって、さくらちゃんがかわいくて仕方がないのよ」

 

ダン 「かわいくないところもまた、かわいいのだv」

 

春麗 「火引さん、さくらちゃんを大事にしてあげてね」

 

ダン 「押忍!!」

 

さくら「・・・春麗さん、行っちゃった・・・」

 

ダン 「おまえ、もしかして『勝った』と思ってるだろ」

 

さくら「ドキッ」

 

ダン 「『これって、優越感!?』」

 

さくら「ドキドキ!!!」

 

ダン 「図星だろ」

 

さくら「ドキドキドキ!!!」

 

ダン 「俺はなあ、女心をよ~くわかってるんだ」

 

さくら「ドキドキ」

 

ダン 「おまえはリュウよりも俺の方がいいに決まってるんだ」

 

さくら「えっ!!??」

 

ダン 「あいつは女心のわからん奴だ。それはおまえがいちばん知ってるはずだ」

 

さくら「ドキッ!!!」

 

ダン 「春麗見てりゃわかるだろ? あいつら出来てるくせに、ああなんだぜ?」

 

さくら「そ、そうなんですか!!??や、や、やっぱり、そうなんですか!!??」

 

ダン 「リュウって奴ァ、女心も自分の気持ちにも鈍い奴だ。あいつらは相思相愛なのにじれったいったらありゃしねえ!!」

 

さくら「ガーン」

 

ダン 「おかげでこっちが迷惑するんだ。おまえはもうよそ見をするんじゃないぜ」

 

さくら「たしかに、リュウさんは遠すぎるんです。春麗さんしか近づけない人です」

 

ダン 「はっきり言う。『孤高の求道者』がおまえを追うことはないと思え」

 

さくら「しゅん・・・」

 

ダン 「おまえは俺が守ってやる(さくらを抱き寄せる)」

 

さくら「キュン!!!」

 

 

 

火引さんってリアルにいそうなイイ男なんです。

こういうタイプが実はモテるんですよ。

 

自分を優位においておきながら、実はさくらちゃんを追っているという図。

女心の特性を知ってるからこそできるふるまい。

女は自分よりも勝る者に追われたく、守られたいの。

だからさくらちゃんは火引さんで正解!

このカップリングもなかなか萌えますな~。

 

リュウさんはそれすると、キャラ崩壊のおそれがあるのでそうはいかないの。

春麗ちゃんの「いいな~」は仕方ないかな?

やっぱりリュウさんのキャラは難しい~。

二次創作でもやりすぎちゃうと、リュウさんじゃなくなっちゃうからな~。

 

もっと春麗ちゃんとイチャイチャしてほしいのに。

リュウさんはサムライ気質? これがある限り、甘々は無理かな~?

サムライでありながらいちゃつく図は本当に、難しいんだ~。

 

二次創作で小説書くのって、楽々そうで、楽々じゃないんだな~。

 

 

☆ブログも楽々そうでそうじゃない!?でも楽しい~。

★HPは書かされてる感覚だったかも!?