読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュウと春麗の萌え日記   (そま)

リュウと春麗の萌え日記

妄想と想像と創造の世界は素晴らしい!その2

前回のつづきだよ。

 

特許願書を連日、深夜2時~3時ごろまで書いていました。

 

今日、やっとなんとか形になったような感じでした。

 

予定では、特許庁に行くつもりだったんです。

 

それで、特許についてもう少し詳しく調べてみたんです。

 

(作業が逆だろ~!)

 

結局、出願しないことにしました。Σ(; ゚Д゚)エッ‼

 

一言で言えば、メリットを感じなかったから。

 

そして、そこに見え隠れしたのは、人間の欲望とエゴ。(※個人的な感想です)

 

だから、や~んぴ!しました。<(_ _)>

 

でも、後から気づいたんです。

 

最初からこのことをわかっていたら、そもそも特許願書なんて書いていなかった。

 

特許願書を書く作業を経て、自分の発明の理論、はたらき、しくみ、歴史的背景と新規性、進歩性の技術・・・そして自分の発明がいかにすごいものだったかを知ることができた。

 

今までだったら、

 

「とにかくすごい作品ができちゃった。なぜかわからないけど、とにかくイイの!」

 

こんな説明しかできなかった。これじゃあ、人様に納得していただけない。

 

だから、願書を書くという作業を経て、自分の創造物に対して責任をもつことを学ばせていただいたのだな~。これはありがたい配慮だったな~。と思いました。

 

本当に素晴らしい発明ならば、おのずと形になっていく。そう思っています。

 

自分一人で為そうと思うことは、傲慢ですもんね。

 

発明と言っても、実は発見です。おそらくすでに何万年前かにあったのだと思います。

 

それを直観で具現化させていただいただけ。それを、たまたま日常生活で使わせていただいていた。本当にありがたいことだったのです。

 

もしもこれが世の中に必要とされるのであれば、たくさんの方々の思いが集まって、形になっていくのだろうと思います。

 

 

尊敬する、発明家で超能力者の政木和三先生(故人)のすごいエピソードを挙げてみますね。

 

以下転載(天才)

大阪帝国大学(現 大阪大学)に進むと、工学部の全学科、医学、力学を学び、以降40年以上に渡り阪大で研究開発を重ね、定年退職後は岡山の林原(はやしばら)生物化学研究所に籍を置き、その間数々の発明を行いました。その数3,000件以上(うち特許申請したものは約1,000件)。自動ドアや自動炊飯器、エレキギターなど、今では当たり前にあるモノを多数発明しながら、企業が自由に研究改良出来るように、特許を取った後それらをすべて放棄し無償で公開したため、それらは急速に世に広まっていきました。特に自動炊飯器に関しては、もし特許料を取っていたら4〜5,000億円になっていたという。この時点で社会への貢献度が凄すぎます。

政木和三博士の数々の発明品
・ウソ発見器 ・エレキギター ・自動ドア ・電波測定用オシログラフ ・自動炊飯器 ・格安テレビ ・真珠の紫色染色法案出 ・熱線風速器 ・水深計測器 ・魚群探知機 ・金属の厚さ計 ・超音波コンクリート測定器 ・ビタミンA増量法 ・超音波ウイスキーの醸成方法 ・ストレーンメーター ・伝記学習器 ・低周波治療器 ・神経波治療器 ・無人ステージ照明 ・瞬間湯沸器 ・物体移動測定器 ・低周波美顔器 ・バイオリズム測定器 ・磁石ペンジュラム(フーチパターン) ・バイオライト(電気スタンド) ・潜在能力開発装置 その他1000件以上

これも?あれも?っていうモノばかりですよね。しかもこれら数多くの発明はすべて、たったの10秒のひらめきから出来るという。つまり、インスピレーションによって理論から設計図まで瞬間的に浮かぶのだそうだ。深く悩んで考えた発明は一つもないという。

また、普通では到底信じられないような、数々の奇跡を起こしました。時には大勢が見てる前で、また、政財界の大物の前で起こしたこともあります。これら超常現象に関することも講演会で生命体エネルギーの話を交えて熱く語りかけ、脳波をシータ波にし、我欲を捨てれば人間不可能はないということを繰り返し訴えてきました。そして2002年(平成14年)、87年の生涯を閉じたのです。

 oneness555.com 上のリンク先様より転載終了。

 

 

政木先生の晩年の発明品に、「神経波磁力線」があります。アトランティスの時代の治療器だそうです。

 

これはあまりにも多くの病気を治してしまうため、薬事法がらみ(いちゃもんづけ)で厚労省からストップ(利権です)がかかり、製造が中止されたというスゴイ発明品なのです。

 

今ではもう手に入らないこの発明品を、ず~っと欲しいと言っていました。(自分のために使うのではありませんよ)もう廃盤だったんで、かなわぬ夢だったんですけど。

 

それが奇跡が起きまして、数年前にある知人から「もう使わないからあげる」といって渡されたのが「神経波磁力線」でした。この方には、欲しいとか一言も言っていなかったのにですよ!しかもタダで!!

 

これは政木先生が与えてくださったのだな~と深く感謝しています。

 

ちなみに政木先生は日蓮上人の生まれ変わりの方だそうです。

 

 

それはそうと、自分の発明(発見)ですが、ほんとうにすばらしいので読者さまにも使っていただきたいのですが、いろいろな制約があるため、今は無理のようです。

 

本当は、これを世界中の方に使っていただきたいと思っています。

 

そして実は、あと2種類発明(発見)を思いつきまして、これを具現化しようと思っています。

 

最初の発明と同じくらい素晴らしいものです。

 

いずれも、元素、原子に意識があるのだから、人間が謙虚になって感謝の思いで使わせていただく思いがあってこそ、素晴らしさを発揮してくれるものです。

 

儲けたいとか有名になりたいとかいった類の感情では本当の喜びを感じられないと思います。

 

直観は瞬時にすべてがわかってしまうので、欲望(儲けたいとか)が入るスキがないからです。

 

ただただ、かたちになって使わせていただけること、そしてそれがわずかでも役に立ったなら、それがいちばんの幸せなんです。魂の歓喜です。

 

 

それと同じように、リュウさんと春麗ちゃんがくっついてくれたら、本当にうれしく思うのです。

 

このふたりは二次創作ではなくて、公式でくっついていただくことが大事なのです。

 

25年前に観じた「このふたりはくっつかなければならない」という直観が、今になってやっとわかったのです。

 

理屈はあとからついてくる。25年も経ってから。

 

だからこそ、初代ストⅡから25年後の今、また新たなストⅡが復活するのだと思います。

 

ストⅡのすばらしさを書きたいのですが、書きたいことがありすぎて山積みになっています。

 

ぼちぼち書いていきますね。

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

★本当はHPも更新したいんだけどな~。

ryu-chun.jimdo.com