読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュウと春麗の萌え日記   (そま)

リュウと春麗の萌え日記

リュウさんは恋なんてしないのだ!

リュウさんは、恋するタイプじゃない。

恋されることはあったとしても。

 

リュウさんは恋されたとしても、振り向くタイプじゃない。

彼は恋に鈍感なのではなく、そもそも恋という概念がないから。

 

人が恋するとどうなるか?

 

自分を捧げ、恋した相手を崇めてしまう。

主体が自分ではなく、相手が主体になってしまう。

 

恋に身をやつし、盲目になり、落ちて、燃え上がり、そして身を焦がす。

 

恋すなわち、熱病のごとし。

冷めたら「あのときの自分は自分じゃなかった」と振り返るのが通常。

 

恋すると周りが見えなくなり、自分を見失い、自己を転落させ、燃え尽きる。 

それは自己愛無きゆえに起きる現象。

 

自己愛強き者は、恋などしない。

 

なぜなら自己愛強き者は、エネルギーが満ち足りているから。

ゆえに愛してほしい、振り向いてほしい、奪いたい、という概念がないのである。

 

自己愛強き者は、自分を大切にする。ゆえに、他者をも大切にする。

自己愛強き者は、自分を尊重する。ゆえに他者をも尊重する。

 

自己愛強き者は、だれかの意見やマスコミの言いなりにはなることはない。

なぜなら自分の感性や頭や肚で考えるから。

 

自己愛は想念の起点軸。

エネルギーを集める渦の中心点。ゆえに自己中心的となる。

自己中心的とは、傍若無人の暴君とは違う。他者をも認める受容性があるから。

 

自己愛強き者は応援のエネルギーを集めることができる。

それは、他者からエネルギーを奪う恋とは全く反対の原理。

 

嫉妬、批判、ジャッジ、被害者意識は、自己愛無きゆえに起きる自我意識。

「奪う」意識が根底にある。

駆け引き、出し抜き、蹴落とし、滅ぼすのは恋。

 

恋に落ちたがゆえに現象化されるのが、浮気や不倫という「奪う」行為。

恋の正体は妬嫉心。

なぜなら、自分に愛がないから。相手からエネルギーを奪おうとするのが恋の実態。

 

恋と愛はかくも別物なのである。

 

しかし世間は自己愛強き者を認めない。

ナルシストと意味をはき違えて叩いている。

 自己愛強き者を認めれば、世間の常識にあてはめることができなくなるから。

 

自己愛強き者は、世間体、概念、常識よりも、自分の思いを大切にする。

 

自分の魂の求めること、大好きなこと、興味の尽きないこと、得意なことをとことん追求することが自己愛の為せる業であり、魂の役割。

 

それをとことん肉体次元で実践するために生まれてきた。それは社会貢献に直結する。

 

リュウさんがここまで偉大な存在になりえたのは、自己愛の塊であったから。自己愛の塊であるがゆえに、格ゲー界の中心の渦となり日本人の代名詞となりえた。

 

彼は恋などしないのである。

しかし、彼には愛がある。

なぜなら、自己愛の塊だから。

 

「いい試合だったな。また俺と戦ってくれ」

 

このセリフには愛がある。

謙虚に相手を認め、尊重し、敬意を素直に表しているから。愛があるから言える言葉。

 

彼は寝ても覚めても真の強さとは何かを追究し続ける魂の持ち主。

彼には財や名誉、ハニートラップさえ引っかからないほどの強き思いがある。 

彼の魂が求めるのはそんなちゃっちいものと同等ではないから。

 

そんな彼が、完成へと近づくために何が必要なのかを探求すれば、

自分一人では為せないことに気づくはず。

 

その道のりを筆者の独断と偏見に基づいて書いています。

リュウさんを描写するにはあまりにも奥が深くて、その境地を自ら体現しなければ、書ききれないと思う今日この頃なのであります。

 

 

★おこがましくも、HPにアップさせていただいております。<(_ _)>