リュウと春麗の萌え日記   (そま)

リュウと春麗の萌え日記

HPでリュウさんに隠された秘密を開示してまいります。

 ♪ ついに時はきた 昨日までは序章の序章で

飛ばし読みでいいから ここからが僕だよ ♪ 

 


【フル】RADWIMPS/スパークル(映画『君の名は。』主題歌)cover by 宇野悠人

 

 

 

ゲーマーでもない少女だった筆者が、25年間もわけがわからずに、なぜ格闘ゲームの主人公にとりつかれてしまってきたのか。

 

その謎を開示させていただくご了解を、前回の記事を書いた直後にヘビさんがお姿を現してくださいましたことでOKのご了解をいただきましたので書いてまいります。

 

2016年8月26日にゼネストを見て直観的にこれは!!と思い至りまして

なぜか小説を書き、なぜかHPを立ち上げ、なぜか暗号解読をしてまいりました。

本当に顕在意識ではわけがわからずに、HPを運営してまいりました。

HPを開設してからちょうど一年。

 

 ♪ ついに時はきた 昨日までは序章の序章で

飛ばし読みでいいから ここからが僕だよ ♪ 

 

これまでは序章の序章であったと気づかされることになったのです。

 

ええっ!? と戸惑いましたけれども、これはしくみであったことを気づかされることになるのでした。

 

実は、小説に情報を刻印しております。これも後からわかったことです。

わかられる方はピンとくると思います。

特に最後の小説は、これまで裏に隠されてきた情報が満載となっております。

 

筆者は初代スーファミ版ストⅡの説明書を見て落雷のごとく衝撃を受けて以来25年間、ずっと自分はおかしいと悩み続けてきましたが、最後の小説を書き終えたとき、はじめてその理由がわかりました。

 

これからはそのことを書き記してまいります。

創作ではないと思います。

おそらく、ルポ形式になると思われます。

 

不可視的情報は幾重にもコードが重ねられています。

これをいかにわかりやすく開示できますかどうか。

 

筆者にはとても恐れ多いのですが、25年間の総決算をさせていただきます。

 

これまで筆者の小説を読んでくださった方々には、伏して御礼申し上げます。

 

また、暗号解読を受信していただきましたことに、心から御礼申し上げます。

  

これまでは序章の序章だったということでしたので、ここからは序章を書いていくことになりそうです。

 

とはいえ、リュウさんは最重要人物に変わりはありませんので、ご安心ください。

 

HPは裏、ブログは表として書いてまいりましたが、

 

ブログ上でこのようなことを書くことになったということは、裏が表に反転する事象がこれからどんどん増えてくるのではないかと思っています。

 

それは浄化であり膿出しであります。

 

その試練に耐えうるために、為すべきことはただ一つ。

自分の汚れ(自我)を浄化しておくことです。

そして、よろこび、かんしゃ、うれしい、しあわせに意識を共振させることです。

 

「萌え」というのはその周波数に共振しますので、心身ともに素晴らしく良い作用を及ぼします。

 

実はその意図もあって小説・ブログを書いてまいりました。隆春ファンの方限定ですが。

 

また、暗号解読を繰り返し読まれることをおすすめいたします。

(筆者の特にはなりませんよ(笑))

 

ルポを作成させていただくまでしばらく日数がかかります。

HPは生まれ変わらなくてはならないかもしれません。

いっぺんにすべてを変えることはできませんが、その方向だと思います。

だから、これまでは序章の序章だったのです・・・。

いつもこれが最後だと思って書いてきたのですけれど・・・。

自我ではどうにもできないしくみのすごさに、ただただ驚嘆するばかりです。

ただただ、深い感謝しかありません。

 

ツイッターはしばらくお休みさせていただくことになりそうです。

 

ブログはちょくちょく更新するかもしれませんので、お暇なときにいらしてください。

 

夏休みが終わろうとしているこの時に、新たな時空に突入させていただきます。

 

2017年8月27日に筆者の弟の結婚式が執り行われましたことをもって、一旦隆春小説を完結させていただきます。

f:id:ryu-chun:20170829000523p:plain

 

 帰り、なぜかどうしてか通るはずのない道を通りまして、

(生駒の地を訪れることをお許しになられたことで)

筆者はこの記事を書かせていただいたのでした。

f:id:ryu-chun:20170829002912p:plain

 

 

★これまでは序章の序章だったとは・・・。

ryu-chun.jimdo.com